出張の時に、交通費精算を後でしました。

大阪から東京に出張で行きました。自分で、新幹線の切符を手配しました。宿泊のホテル代金も立て替えました。後日、会社で交通費精算をしました。後で帰ってくると分かっていても、けっこうな金額なのでドキドキします。手続きが終わり、全額戻ってきたときは嬉しかったです。そして、使いそうになります。貯金をおろしていたので、そのまま銀行に戻しました。立て替えがたまにあるので、貯金をもっていて良かったと思います。早くから出張が決まっている場合は、事務の方が用意してくれます。この時は、すごくありがたいです。立て替えて、あとで給料と一緒に入るときはなんだか、ややこしくなります。一か月の出張の場合は、前もってわかっていたのでホテル代金は会社が直接払ってくれました。交通費は、あとで精算でした。領収書など、すぐに捨てずに、少し保管するようにしています。領収書がないと、タクシー代などでない時があります。

月末にまとめて交通費精算されます。

主人は、毎日電車通勤です。自宅の最寄り駅から会社までです。たまに、自宅から直接、仕事のイベント先まで行きます。そして、会社に一旦戻るときもあります。そのまま、直帰するときもあります。一応、事務の方に電話で連絡を入れます。そうして、毎日のかかった交通費精算を月末にまとめてしてもらいます。初めは、定期を買っていましたが、出張やイベント先への直帰などもあるので、定期購入はやめました。支払ったぶんだけ、あとの精算できっちりと戻ってくるので、その方がいいと思います。今は、電車で使えるカードが増えているので、チャージしておけば切符をわざわざ買わなくていいので、とても便利です。いつも使っている電車以外にも、幅広く使えるカードなのでとても役立っています。出張先でもつかえますし、コンビニなどのお店でも利用できます。

交通費精算が決まった金額なので頑張っています。

わたしの友人は、毎朝30分は歩いています。帰りは、1時間ほど歩いています。会社までの切符は、回数券を購入しています。一回分お得です。それを月に三度は買います。3回分お得になります。そして、金額が上がるところで降りるので、3駅分歩いています。すごい頑張りだと感心します。交通費精算の金額が決まっているので、その上限を超えないように努力しています。休日が多い月は、ほっとするそうです。買い物や用事も、会社のある時にまとめて帰りにしているそうです。友人は、山の手に住んでいます。家から最寄りの駅まで、だいぶ距離があります。ご近所の方は、バスで下まで降りているそうです。そこを友人は、回数券を買いつつ、足りないぶんは歩いています。土曜出勤のある時は、いつもより多く歩いています。入社してから、歩くことが増えたので、体重が5キロ減りました。健康的になって、体のためには凄く良いそうです。

Be the first to comment on "出張の時に、交通費精算を後でしました。"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


*