交通費精算はどのようにやっているのか

給料の中に含まれている交通費ですが、通勤の仕方によって変わってきます。バスや電車の公共交通機関では全額支給されますが、自家用車の場合はキロ数で精算されます。1キロあたりの金額が決まっています。会社によって交通費精算の仕方が違うと思います。社員の場合だとしっかり交通費が出ますが、アルバイトなどになると支給されない場合もあります。また、交通費が月々で決まっているところもあります。あまり細かくわからなかった人は上記を参考にしてほしいと思います。それが正しいとは限らないので、給料明細を見て気になる場合は、聞いてみるのもいいと思います。交通費精算を細かくやっているところは、労働した日数で支給をしているところがほとんどです。今月は労働日数が少なかったら交通費も少なくなるということですので覚えておいてほしいと思います。

交通費精算のしかたについて

私は現在病院で勤務していますが、買い出しなどが月に何度かあったり、出張などもあり、その都度交通費を病院側からもらっています。交通費精算には病院の経理事務の人がしてくれるのですが、自己申告で、専用の紙にどこに何の目的で行ったか書いて、往復の距離数を記載して提出します。10キロ100円で計算されて交通費が支給されます。病院者で行けば面倒な事はないのですが、どうしても車が空いていない時には自分の車で外へ外出するために、手続きや処理が必要になってきています。私の車は燃費が良くて、問題はないのですが燃費が悪い車でも一律10キロ100円のために、少し不平等に感じます。その他にも、目的地までの道のりを大まかに経路を記載しなければならず少し面倒に感じます。それでももらえないよりはよいので、交通費の清算は細かくてもしてもらうようにしています。

交通費精算のアプリ。

以前、私のアルバイト先で交通費を申請する時には、アプリを使って申請していました。今回、その経験から何か皆さまにご紹介できればと思い記事にしました。皆さまの中にも、交通費精算を記録として分かるようにしておきたいとお思いの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、交通費精算のアプリです。スマートフォンやタブレットから、そのアプリをダウンロードして使います。ですので、多くの企業でも採用しているところがありますよ。やはり、今は、デジタルの時代なので、こういうアプリは便利ですよね。もし気になる方は、ぜひお探しになられてみてはいかがでしょうか。アプリのサイトで検索すればすぐに出てきますよ。こちらは、主婦や学生の方にも使えるアプリなので、使う機会がある方は上手に活用してみてください。

Be the first to comment on "交通費精算はどのようにやっているのか"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


*