もう交通費精算に現金はつかわない

会社の経理担当をしていると、社員の皆さんの交通費清算をすることも多いですよね。社員の数が多いといちいち面倒でもあるし、いつもいつもきちんと出金伝票を上げてくれる人ばかりではありません。3ヶ月に1回まとめて出されても、いったいいつの電車代なの?と追いかけて確認するだけで面倒。それに、あまりない話ではありますが、領収書もないから適当に書く人もいる可能性がありますよね。都度小銭を用意するのも大変だし、なにか良い方法はないかしら?と感じる経理担当者の皆さん、これからはカードで前払いしてしまいましょう。各鉄道会社のカードならば、いちいち現金の授受をおこなうことなく、社員の皆さんにもストレス無く移動してもらうことができます。利用履歴は一覧で出せるので、日毎の経路や金額も確認が容易です。もう交通費精算の現金扱いはしない!これを経理の常識にしましょう。

交通費精算システムの中には

交通費生産システムの中にはWEBベースのものがあります。Web上でのデータベースと連動させて、交通費精算及、出張精算画面に直接データの反映させるのです。これによって、仮払申請、社員立替、支払依頼等、全機能はオンライン電子承認できるようになるわけです。申請、精算、承認、支払までの一連業務をWebシステム化することにより業務が効率化できるようになるわけです。はっきりいって、かなりよいシステムですから、導入する価値はあります。但し、それなりにサーバーが重くなってしまうことがあります。それを避けるためにクラウドでシステム化させる、ということもできます。それなりに技術が必要になりますし、費用もかかります。しかし、とにかく業務を効率化できることは確かですから、お勧めできます。まずはシステム開発業者に相談してみることです。

交通費精算システムについて

交通費精算システムというものは、かなり便利です。最近ではweb系のシステムを使ったものがあります。入力・申請・承認・精算までの一連の流れを全てWebブラウザ上で行うことができるのです。つまりは、インターネットが使える環境なら、どこからでもご利用可能なわけです。これはとても大きなことであるといえます。作業場所から申請することができますし、外出先でもできます。わざわざ帰社する必要がありませんから、明日やろうとして申請するのを忘れていた、ということを避けることができます。後で申請する、というのは、実はかなり面倒なことなのです。パソコンはもちろんですが、スマートフォンから申請できるようになっているので、移動時間を無駄にすることなく、使うことができます。極めて便利なシステムですから、是非とも導入することをお勧めします。

ネクストICカードの管理画面はだれでも簡単に使いこなせるように作られています。交通費精算という手間のかかる作業だからこそ、大切なことです。毎月の交通費申請の際に、定期区間をきちんと控除していますか。悪意のない不正請求もネクストICなら心配いりません外出した度に経路を計算して、運賃を計算して。そんな面倒な交通費精算作業はネクストICがあれば必要ありません。クラウド型交通費精算システムネクストICカード

Write a comment





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)